食の志

さぬき麺市場のこだわり。

すべて見せます!

店舗内

店舗作りのコンセプト

キッチンをオープンすることで、お客様に安心感・清潔感・臨場感・出来立て感を表現したい。

【1】内観はキッチンをオープンすることで、お客様にうどんの製造を間近で見て頂く(生地を団子にしたり、団子伸ばしで手打ちしたり、丸釜で麺をゆがいたりと、うどんが出来るまでの工程を見て頂き)天ぷらを目の前で揚げてご提供することで、出来立て、美味しい、安心、満足をお届けできる設計を基本に店舗造りをしております。

【2】讃岐麺市場のマークの外丸は、笑顔・和・幸せを表現、円形ないの地色に“白”を基調として取り入れたのは、清潔感と明るさを醸し出し、女性のお客様や家族連れの方々にも入りやすい店づくりを目指したいという想いがあります。又、字色の赤には、お客さに食を通して楽しさや喜び、満足感をご提供していくという強い思いと情熱を表現しています。

スタッフ

店名の由来

うどんも全国各地に有名な地元のうどんがある訳ですが、まずは「さぬき」という地所を頭に持ってくることで、さぬきうどんであるということを表現する。
2つ目の「麺」は、さぬきで麺といえば“うどん”が一番に浮かんできます3つ目は「市場」この言葉には3つの意味があり、
【1】新鮮で美味しいものが集まる場所、品質のいいよいうどん、美味しいうどんがそこにあるというイメージを連想する
【2】活気を意味し、この場所に集まる人(お客様や従業員やお取引先様等)が活気にあふれ、元気で健康的なイメージを連想する。
【3】楽しいを意味し、また来たいと思われる空間がそこにあるというイメージを連想させる。
これらの想いを結んで「さぬき」・「麺」・「市場」と命名いたしました。

商品(うどんの特徴)

さぬきうどんは、本来コシの強いうどんがイメージされているのですが、当店が目指す新ジャンルのうどんは、“もちもち感”が優先で、次に“コジが付いてくるというイメージのうどんを作りたいと試行錯誤の結果、現在のさぬき麺市場のうどんができあがりました。
「コシだけがうどんじゃあない」もちもち感とコシの絶妙なバランスがさぬき麺市場のうどんの特徴です。

開発秘話

このうどんを開発するために、全国の粉を集め、何百通りものブレンドを試み、2年かけて完成しました。
今後は更に美味しいうどんを目指し、香川(さぬき)が誇る地粉である「さぬきの夢2009」の小麦粉を使用した地産地消にもこだわった、クオリティーの高いうどんの開発にチャレンジしてまいります。

うどんをゆがく

製造工程

うどん屋としての製造工程は毎日大変過酷な労働により成り立っており、夜中の2時・3時から出て仕込みを行わなければいけませんでした。
しかし最近では機械の進歩により、より手づくりに近い品質のうどんを作る技術も開発されて来て、製造工程での時間短縮や、人にかかる労力の負担は大きく軽減されるなど画期的に進化してしまいりました。
こうしたことにより、沢山の方々に美味しいうどんの提供が可能になりました。

1.生地を製造する⇒二-ダーという機械を使って粉・塩水を混ぜる。
2.生地を鍛える⇒ローリングブレスという機械を使って鍛える(生地を筒状に成形する)
3.熟成させる⇒筒状の生地を1.5kgに小分けし、団子という形に成形する(生地を鍛える)
4.団子・を麺棒で手打ちして伸ばす。
5.手打ちして伸ばした生地を切り機にかけ麺状になったキジを釜に入れて湯がきさぬきうどんの出来上がり。
6.召し上がれ

うどんを仕分ける

雑学的情報

うどんは面白い!!小麦粉と塩と水でつくるとてもシンプルな食材です。
だからこそ造る人の気持ちや想いによっていろんなうどんが造り出されれます。

同じ人が造っても、その日の体調や、気持ち、天気次第で同じうどんを造るのがとても難しいとされています。そこにうどん作りの醍醐味があり楽しいのかもしれません。

また、うどん生地は人と同じく暑さ寒さで汗をかいたり風邪を引いたりします。
だから私たちはいつもうどんと向き合い、生地と対話しながらうどんの状態を常に観察し、いつでもおいしいうどんが作れるように気を配っています。
それは、子育てに似ているのかもしれません。
かばってあげないと、すぐに機嫌を損ねてしまうのです。

店舗外観

当社の歴史

店主はさぬき生まれのさぬき育ち。子供の頃からうどんが大好きで51歳の時に家業を離れ、うどんの世界に飛び込みました。もともとは20代から流通・飲食の事業に携わり、商売が大好きで、いつかは自分で独立し、うどん屋をやりたいと思い47歳から家業をしながら休日の全てを地元さぬきうどんの師の皆様方にご協力頂き修行をし、平成22年9月に高松市郷東町に本店(1号店)をオープンさせました。

現在は、さぬき(香川県)には750店舗を超えるうどん屋さんが有り、県外から“うどんツアー”として多くのお客様がら来県される中、私共は地元地域に密着した店造りを目指してまいりました。最近では少しずつ県外のお客様も増えてまいりました。

そこで、県外の方々にも身近でさぬきうどんを召し上がって頂くことができないかと考え、少しずっですが県外への出店も行ってまいりました。これからも県内・県外に関わらず、ひとりひとりのお客様を大切に“一期一会”の気持ちで、笑顔と元気と感謝のおもてなしでお迎え致します。

びっくりとり天うどん

当社のびっくりとり天

香川のうどん屋さんで“かしわてん”・“とり天”は沢山扱われていますが、串に刺した子供の手のひらサイズの大きなとり天はさぬきうどん屋さんでは珍しく、当店の天ぷらアイテムの中で大人気商品です。

 

顧客の年齢

赤ちゃんからお年寄りまでファミリー層を中心に、また女性客もとってもたくさんご利用いただいております。